読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初対面の人へやってしまいがちなこと

自己成長 真田信繁(幸村)

人やモノに対して

ついつい品定めをしてしまう。

そんなことをないでしょうか。

 

ただし、なんでも調子に乗りすぎると

よくないのはいつの世も同じなようで…

こんな戦国逸話があります。

 

 

 

大坂冬の陣直前、大坂方の大野治長の屋敷に

伝心月叟(でんしんげっそう)と名乗る

山伏(山で修行する僧)が訪れた。

 

「大峯の山伏です。ご祈祷の巻数

(かんじゅ:経文などを記した文書)

 を差し上げるために拝謁をお願いしたい」

 

と案内を求めた。

あいにく治長は登城中だったので、

番所の脇に通され、

そこで待たせることになった。

そこには若侍十人ほどが集まっており、

刀の目利き(鑑定)を始めた。

そのうち一人が月叟に

 

「貴殿の刀をお見せください」

 

と言うと、月叟は

 

「山伏の刀はただ犬を脅かすためのもので、

 お目にかけるほどでもありませんが」

 

と言いつつ差し出すと、姿形はもとより、

刃の匂いといい光りといい、何とも言えず、

 

「さてさてまことに見事なもの」

 

と誉めた。

さらに脇差も同様で、中子の銘を見てみると、

脇差は貞宗、刀は正宗であった。

皆が

 

「これはただ者ではない」

 

と騒いでいるところに治長が帰ってきた。

治長は月叟を見るや両手をついて畏まり、

丁重な挨拶をした上で使いを城へ走らせ、

月叟を書院に招じてたいそう馳走した。

 

やがて使者が訪れ、

黄金三百枚、銀三十貫を

秀頼公から賜る旨を告げた。

 

治長の家の者はこの時初めて、

 

「この山伏は真田幸村公だ」

 

と気付いたという。

その後幸村が彼らに会ったとき、

 

「刀の目利きの腕は上がったか」

 

とたずねたので、皆赤面したという。

 

 

 

f:id:sengokuituwa:20161018031224j:plain

 

大河ドラマ「真田丸」では大坂城に

入城する際のエピソードとして

真田信繁(幸村)

白髪で歯が抜けた老人に化ける話が

ありました。

 

実際、九度山から信繁が出した手紙に

自分は白髪も多くなり歯も抜けたと

嘆く内容が残っています。

ドラマではこれを逆手に取って

周りを油断させるエピソードに

仕上げていました。

 

今回ご紹介した逸話も幸村が

大坂へ着いた際の逸話です。

 

ここに登場する若侍は山伏という姿に

気を抜いていたのかもしれませんね。

 

特に初対面の人へはどうしても

その姿かたちから勝手な思い込みで

どんな人かを判断しがちです。

 

最後の幸村の言葉は

「刀=人物」

として捉えて

姿かたちに惑わされない

人を見極める目を養えという

メッセージと受け取りましょうか。