読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーダーの資質を問う卵かけ…汁かけ飯とその解釈

自己成長 北条氏康 北条氏政

卵かけごはん好きですか?

 

卵に醤油をかけるときって
自分の適量分を醤油さしから一発で
かけられますか。

 

醤油じゃなくかける卵の分量は?

コーヒーに入れるミルクは?
コロッケにかけるソースは?


今回ご紹介するのは小田原城を本拠として、

初代・早雲にはじまり

 

f:id:sengokuituwa:20161024014048j:plain

f:id:sengokuituwa:20161024014117j:plain

 

戦国時代の関東を五代百年にわたり

治めた北条家の
三代目・氏康

 

f:id:sengokuituwa:20161024014950j:plain

 

四代目・氏政の逸話です。

 

f:id:sengokuituwa:20161024014958j:plain

 


ある日、氏康が氏政と一緒に
食事をしていたが、急に涙を浮かべ、

 

「北条もわしの代で終わりとなるだろう」

 

と言った。

氏政を始め家老衆が興ざめした顔になった。

氏康は言った。

 

「今、氏政の飯の食い方を見ていたが、
 一つの飯に二回も汁をかけて食べた。
 最初、汁をかける時、
 どの程度が適量か推し量ることが
 できなかったようだ。
 まことに不器用なことだ。

 朝夕食べる飯についてさえ、
 こんなことでは、
 人の心の内など探ることは
 未来永劫できないであろう。
 それでは、良き家臣など持てない。

 戦国の今の世の中で、
 わしが明日にも死ぬことがあろう。
 その時、隣国から敵が乱れ入って、
 氏政を滅ぼすことは疑いない。

 そう考えて、北条は、
 わしの代で終わると思ったのだ」

 

 

北条家を滅ぼしてしまった氏政の逸話は
どうしてもこのような逸話が
残ってしまっています。

 

決して凡庸な君主ではなかったと
思うのですが。

 

お父さんの氏康というのが
武田信玄、上杉謙信といった
戦国の名将たちと互角に争いながらも
関東に領地を広げた
とても優秀な武将だったことからの
対比でしょうね。

 

たしかにこういった日常の
ちょっとしたことから
さまざまなことを見積もる力、
見極める力というのは養われる
ものなのでしょう。

 

ところで大河ドラマ「真田丸」では、
高嶋政伸さん演じる氏政が
この「汁かけ飯」の逸話の解釈を
変えていました。

 

「先を急ぐな。食べる分だけ汁をかける。

 少しずつ、少しずつ。わしの食べ方じゃ。

 北条の国盗り。

 ゆっくりあじわおうではないか」

 

と。

ひとそれぞれタイプがありますから

慎重に少しずつというのが
決して悪いことではないですからね。


f:id:sengokuituwa:20161024014125j:plain

f:id:sengokuituwa:20161024014140j:plain

 

私は卵かけごはんの醤油を
一発で自分好みにできたら
いつも以上においしく感じます(^^)

今回はめずらしく写真多めで。